[rev_slider_vc alias=”home-banner-ja”]

ショッピングエリアの特色

「自然生態系」などの観光レジャーの特色があることから、毎年 600 万人を超える国内外の観光客を誘引しています。

グルメの集散地

ここは有名なグルメ天国であり、多くの有名レストラン発祥の地です。 路地裏には美味しいにおいが漂っており、たった1つの胃袋では足りないほど多くのお店があります!

多様な風情の合流点

次に通る街角にシンプルで清楚な店、奔放で原民風情あふれる小さな店、クラシカルで味わいある老舗店のどれがあったとしても、別の世界を発見することになるでしょう。

水・陸・空 3D 行楽

日月潭は台湾で唯一、水・陸・空 (3D) のすべての魅力を満喫できる行楽地であり、環潭公路は、米国ケーブルニュースネットワーク トCNNにおいて、世界の美しいサイクリングロード・トップ 10 に選ばれました。

最新情報

最新のショッピングエリアのイベント、クーポン情報、旅行情報を提供します。
               
九份の楽しみ方 |台湾北部の有名観光地として名を馳せている九份、半日や一日の時間をかけて、思う存分九份を楽しむのが一番おすすめ!しかし、旅行時間上では1~2時間しか滞在できない方も多いのでは?今回は、趣味や好み別で、違う九份の楽しみ方をまとめてみましょう~ 九份の楽しみ方 |グルメを満喫 ▲阿蘭草仔粿 台湾旅行で言えば、やはりグルメでしょう!九份の有名グルメは小腹をすいた時に最適なB級グルメの「小吃」が多いですが、全部食べたい!と思う人は小腹だけではなく、ちゃんとお腹すいておいてきたほうがおすすめです!九份芋圓、九份魚丸、紅糟肉圓、草仔粿…などなど、一品一品の量は多くないですが、ちゃんとお腹にたまります!家族や友人でシェアして食べるや、現地で食べるものとお土産でホテルまで持ち帰れるものを分けるなど、計画をあらかじめ立てるのもいいかもしれません! ▲魚丸伯仔 ▲阿柑姨芋圓 ■九份人気グルメ | 台湾九份の人気グルメまとめ ■九份お土産 |九份人気お土産【グルメ】 九份の楽しみ方 |買い物・お土産 食べ物のお土産以外に、九份では台湾観光お土産に適する雑貨商品などの店も多いです! 九份の街に流れてくる涼やかな音色の「オカリナ」、本格的な高価オカリナもありますが、お土産に手頃な商品もいっぱい。特殊な筆や指、掌で可愛い花など縁起がいい絵を使って文字を書く「花鳥画」は掛け軸や扇子に描いてもらうことや、枠に入れてもらうこともできます。「內雕」の技術を使って、好きな印鑑本体と好みなフォントと文字を最速5分でできちゃう印鑑。お手頃の値段でカスタマイズができます。どれも自分用やお土産用としても気軽く購入できます! ▼カスタマイズができる「花鳥画」 ■九份観光お土産 |九份人気お土産【雑貨商品】 九份の楽しみ方 |台湾茶を楽しむ 台湾に来たら一度は台湾茶の飲み方、お茶の楽しみ方を試したい!でも茶芸館って、なんとなく敷居が高く入りづらいなぁと思っている方も多いではないでしょうか? 九份ではお茶屋や茶芸館が多く点在してあり、ほとんどの店が気軽く入れます。九份の山景色も海景色も見渡せながらお茶を楽しむ店も多いです!雨の日には霧がかかった幻想的な九份の街を眺め、ゆっくり過ごせることもできます。 注意点は有名な店は予約できないところが多いですので、入店まで待ち時間がかなりかかる場合があります。 ■九份天気 | 雨の日の過ごし方・茶芸館 九份の楽しみ方 |九份の歴史を辿る 九份の歴史を知りたいのであれば、「九份昇平戯院」は絶対外せません。九份の歴史と共に歩いてきた昇平戯院は1960年代の劇場を再現し、まるであの時代へタイムスリップしたような気分が味わえて、あの時代の懐かしさと劇場の雰囲気が堪能できます。 ■九份昇平戯院 | 北台湾最も古い劇場へタイムスリップ 九份金鉱の歴史を体感してみたいのであれば、鉱山坑道を再現された「九份金鉱博物館」へ是非行ってみてください! ■九份金鉱博物館 |九份穴場・元九份鉱山労働者の家で歴史を知る! 九份老街は主に「基山街」「輕便路」と「豎崎路」がメインストリートとなりますが、このメインストリートの間を通す「穿屋巷」という路地は九份地域の特別風情!「穿屋巷」というのは家を通り抜ける路地という意味、かつて山地域に構えた九份街の住民たちは便利を取って他人の家を通り抜ける路地を使っていました。現存している穿屋巷は本当に民宅を通り抜けることはないですが、他人宅の敷地を通るような雰囲気ですので、歩いていて非法侵入しちゃった?くらいドキドキしてくることも! ▼九份穿屋巷 皆が知る九份老街の範囲からちょっと外しますが、九份の歴史を辿りたい方は昇平戯院を通り越して、輕便路をさらに進むコースもおすすめです。 ▲九份五番坑 昇平戯院を通り越してからちょっと進むと見えてくる「五番坑」、今は閉鎖されましたが、近距離で九份かつてに盛んだ鉱業の坑道が見えます。さらに進んで「頌德公園」へ、当時九份の鉱業会社創業者のために建てられた公園です。輕便路の突き当りにいる「九份山磅坑口」は昔九份の街の入り口。このトンネルを出ると民家も人足も一気に減ります。ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の中のトンネルの雰囲気に似ていると最近は写真スポットにもなっています。 ▼頌德公園 ▼九份山磅坑口 九份の楽しみ方|景色を堪能 九份の景色と言ったら、まずはどんな景色を浮かんできますか?一番は恐らく色んな台湾ガイドブックの表紙にもなっていた赤提灯の石階段や阿妹茶樓の風景ではないでしょうか? 九份は町風景以外にも、お茶屋やB級グルメの店でも山景色や海景色を眺めることができる店が多いのが売りの一つ!天気いい時に海景色を一望ができ、霧がかかった時は幻想的な風情に変わり、昼間、夕方、夜、時間の流れにつれ、別々の顔をあらわす九份!何回も来たくなる九份の魅力でもあります! 九份の楽しみ方|芸術の街 九份が持っている独特な山地域な風情と栄枯盛衰の歴史、多くの芸術家はその奥深さと渋みを帯びた所に惹かれて、九份で住処を構え、工房や茶芸館などを開いて、この街で生活をしていて、芸術を九份の街の所々にまき散らしていました。 「九份茶坊」のオーナー洪志勝さんは九份の景色に魅せられ、長らく廃墟だった住居を1991年に、アートスペース兼茶芸館に生まれ変わらせました。侯孝賢監督の映画「戯夢人生」のロケ地でもある「九份茶坊」はどこもかしこも懐古的で美しい芸術空間!他にもギャラリーを経営していて「九份芸術館」、「陶工坊」、そして「天空之城」。お茶だけではなく、陶器・絵画作品、芸術と共に九份の美しい景色が楽しめます。 オーナーと可愛い猫ちゃんが主役の茶芸館「山城創作坊」、陶芸家でもある芸術家のオーナー夫婦。店では一階は二人の仕事スペース、二階はギャラリー、お茶をいただける三階にもオーナー夫婦二人の作品や友人の芸術家の作品がいたるところに展示されています。 他にも釘畫アーティストの胡華達さんの工房を改築した「野事草店Wild Herbs」など、多くの画家やーティスト、いろんな芸術家が九份で活動してあります。みんなも九份に来て好みの芸術を探してみてください。 ※九份地域の芸術家(中国語ページ) https://artist-map.ntpc.gov.tw/xmdoc?xsmsid=0H076609271877862722 いかがでしょうか? 目的別で九份の楽しみ方をまとめてみましたが、滞在予定時間や好みで、自分だけの九份の楽しみ方を計画してみましょう~
MORE
               
九份金鉱博物館 |金鉱博物館は金瓜石のほうじゃないの?と疑問を持っていませんか?かの有名な黄金博物館は九份から少し距離があった金瓜石にいる「金瓜石黄金博物館」。今回紹介するのは九份老街の中に潜んでいた「九份金鉱博物館」。あんまり知られていませんが、ここ「九份金鉱博物館」は見た目では計り知れないほどの歴史が残されてあります! まずは九份という街の歴史をさらってみましょう~日本統治時代に金鉱の発掘により九份の街が発展され、金鉱のほか炭鉱の坑道もつれて発展されました。過剰の鉱業資源開発で生産量が減り続け、1971年に閉山。九份と周辺の街ごとに衰退の時代を迎えます。 再びスポットライトを浴びたのは1989年。侯孝賢監督の映画「悲情城市」の舞台となったことで台湾国内だけではなく、国際的にも観光地として注目されることになりました。九份地域の人々の努力で世界中に台湾を代表するほどの人気観光地となりました。 九份金鉱博物館|実家を九份金鉱博物館に改築 九份老街のすぐ傍に構えていたこの建物、外観から見るとどうしても博物館には見えません~お世辞にも綺麗とかに縁がなく、言葉悪いですが、怪しい雰囲気を漂っている気もします。 実は、この建物は博物館創立者曾水池さんの実家であります。曾水池さんはかつて金鉱坑道で三十年以上働いていた元金鉱労働者です。九份の鉱業が閉山となり、観光地として再度スポットライトを浴びることとなりましたが、金鉱の歴史は時間の流れと共に忘れられないように、1992年に実家の建物を改築して、この「九份金鉱博物館」を創立しました。現在は息子と孫が継いで、「私たち以外には、もう誰も九份のこの歴史を語らなくなるから」と心意気を込めていました。 九份金鉱博物館 |九番坑・昔の知恵 それでは、失礼な言い方かもしれないですが、勇気を出して「九份金鉱博物館」に入りましょう~入ってすぐに「九番坑」と名付けられた模擬坑道です。金鉱、炭鉱を運ぶ「軽便車」は当時実際に今の軽便路に走っていた台車とレールはそのまま展示されています。 ここからは鉱山坑道労働者の一日、仕事用の装備や道具を揃えて、鉱山坑道に入って過酷な鉱山労働が始まります。ここの参観動線は開館以来変わっていません。元鉱山労働者の曾さんが来館のみなさまに一番当時のままを体験してほしいと服装も道具も当時坑道内の配置そのまま! たくさんの道具の中、一番目を惹くのがこの「煌火」という道具。館長の話によりますと、「煌石」という鉱物が水にふれると乙炔(電石氣)/アセチレンが発生され、火を付けると灯り続ける原理を利用して、坑道内の照明となります。しかも、坑道の奥に酸素が足りなくなったら、火が弱くなり、気が付かないうちに酸素不足で倒れることを防止可能に! 九份金鉱博物館 |原石エリア・黄金の本来の姿 次に来たのは「原石エリア」。ここに展示された色んな石、見た目はただの石に見えますが、かつて九份の金鉱労働者たちが実際に採られた黄金の原石です!当時の鉱山労働者はあの薄暗い坑道の中で、現在の技術も持ち合わせてなく、長年の経験で鉱石の共生などで金鉱の位置を判断する。 金ぴかの黄金だけではなく、より鉱山労働者に近い金鉱の鉱石そのままを保存、展示して、現在の人々にも昔の鉱山のありのままを伝承していきたいと創立者の思いが感じられます。 砂金、虫や糸みたいな金、真っ黒の石からも黄金! 九份金鉱博物館 |体験エリア・石から黄金に! 二階には体験エリアが設けられてあります。実際に道具を触れて、石から黄金になる過程が体験できます。ここの道具も当時使用されたもので、約百年の歴史がある骨董品です! 当時の道具や機械で選鉱体験~この黄金の選鉱方法は九份独特な方法。よく知られていた金瓜石の黄金はより細かく砂金に近いため、ここのやり方とは異なるとのことです。 いかがでしょうか?小さな私設博物館で、館内では中国語と英語の説明がメインとなりますが、九份の金鉱歴史をより深く体感ができます。金瓜石の黄金博物館もいいですが、より九份の歴史に近付けるここ「九份金鉱博物館」もいい選択ですよ!   九份金鉱博物館 住所:新北市瑞芳区石碑巷66号 電話:02-24966379 営業時間:10:00-18:00 ホームページ:http://jioufen-goldore-museum.mystrikingly.com/ 入場料金 大人 NT100元 子供 NT60元 ※解説付き(中国語、英語) ▼▼他の九份観光情報▼▼ 九份昇平戯院 | 北台湾最も古い劇場へタイムスリップ 九份チャイナドレス |九份のチャイナドレス写真スポット 九份観光&時間 | 九份人気スポット&観光時間おすすめ
MORE
               
九份映画 |近年日本にでも人気が徐々に上がってきた台湾映画。ストーリ、出演者、映画の監督に興味を持ったほか、映画のロケ地・ゆかりの地の風景や街の風情が台湾映画の一番の醍醐味でもあります。その中、九份や金瓜石周辺が舞台となる映画は結構前から台湾好きな日本の方の中で結構なブームとなっていました。映画で街かつての繁栄を取り戻した九份、一緒に九份周辺映画ゆかりの地をめぐりましょう~ 九份映画|千と千尋の神隠し 世界中に旋風を巻き起こった「千と千尋の神隠し」。今までのジプリ映画もそうですが、映画の中に描かれた幻想的な風景のモデルとなった地を現実世界に探してしまう現象! そこで台湾の観光地として世界的にも人気が出てきた九份の名も出てきました。「阿妹茶樓」の外観があの「油屋」の外観に似ていて、赤提灯の石階段や霧がかかった時に幻想的な街風情、屋台風の店が軒並みの九份老街、昔は九份の出入り口となったトンネルも映画の場面と似ている。さらに、九份の当地グルメまで映画の中に出てくる食べ物に見えることも言われていました。 実際に、宮崎駿監督は「千と千尋の神隠し」と九份とのゆかりを否定されました。それでも、九份の街を歩いて「千と千尋の神隠し」の世界観を思い出しながら、錯覚でもジブリの世界に飛び込んだような気分になれますよ。 ■映画ゆかりのスポット:阿妹茶樓、豎崎路の赤提灯石階段、九份山磅坑口(トンネル) ■ゆかりスポットの行き方: 阿妹茶樓、豎崎路の赤提灯石階段-九份老街入り口から基山街を沿って前進すると豎崎路の石階段の交差で階段を下りる。 九份山磅坑口(トンネル)-軽便路の行き当たり、途中昇平戯院を経過する。 九份映画 |悲情城市 日本では一番有名な台湾映画とも言える「悲情城市」。日本にもファンがたくさんいた-侯孝賢監督の人気作品です。終戦後の九份、基隆を舞台にし、台湾の政治事件二二八事件を題材にしたこの映画、実際でも1989年前後の九份をロケ地で映画を撮影しました。「悲情城市」はヴェネツィア国際映画祭グランプリを受賞し、世界中に注目されまして、衰退した九份の街を観光地として現在の人気への火付け役でもあります。 映画の中に映った昔の九份街風景と現在人気観光地となった九份老街の雰囲気を比べながら散策するのも一興あり! ■映画ゆかりのスポット:豎崎路の赤提灯石階段、基山觀景亭 ■ゆかりスポットの行き方: 豎崎路の赤提灯石階段-九份老街入り口から基山街を沿って前進すると豎崎路の石階段の交差で階段を下りる。 基山觀景亭-「九份老街」バス停より前を進んで約1分 九份映画 |無言的山丘 1992年に公開された「無言的山丘」は日本統治時代の台湾をストーリした映画。王童監督の「台湾現代三部作」の三作目とされています。映画は九份近辺の金瓜石地域の鉱山が舞台となり、実際にも金瓜石の鉱山で撮影し、昔鉱業により盛んだ街の盛況を再現されました。 現在はほとんどの鉱山坑道は閉鎖されましたが、金瓜石黄金博物館の中に本山五坑(本山の第五坑道)は昔の坑道を修復し、坑道を歩く体験ができます。また、気軽く行ける場所ではないですが、映画の中に映画題名の「無言山丘」と言われた石垣が現在もあります。 ■映画ゆかりのスポット:本山五坑(本山の第五坑道)、無言山丘 ■ゆかりスポットの行き方: 本山五坑(本山の第五坑道)-金瓜石黄金博物館の中、別途体験料金要 ★本山五坑(本山の第五坑道)は2020年6月30日までメンテナンスのため休止中 無言山丘-黄金滝の上、「六坑斜坡索道」方面へ進み、分けれ道で左、登山歩道を沿って進んだら着きます。経験者向けの登山道のため、装備を整ってから行くのがおすすめです。 九份映画 |多桑 九份所在の瑞芳地区出身の吳念真監督自身の半自伝的な映画「多桑」。実は日本語の「父さん」の当て字です。九份鉱山地区の生活を描写し、吳監督のお父さんがモデルとなった鉱山労働者のストーリ。日本統治時代で育った父さんは中華民国政府への転移時代を生きた話の映画です。 映画のロケ地は吳監督の故郷-大粗坑、鉱業の盛況期では九份地域で一番金鉱により繁盛した街と言われています。鉱業が衰弱した今、街は空き屋や廃墟も多々見えます。寂しげの中、あの時代に潜んだ悲しさも語ってくれたような気がします。 圖片來源:IG @yichikuo 圖片來源:IG@chaohsuan_photography ■映画ゆかりのスポット:大粗坑古道、大粗坑古聚落 ■ゆかりスポットの行き方: 台鉄瑞芳駅からバス基隆客運-827(瑞芳-福山宮)「福山宮」で下車、歩行約25分 九份映画 |八番口的新娘 「八番口的新娘」は九份八番坑口を舞台にした映画。八番坑口は日本統治時代の金鉱坑道の一つ。ちなみに九份老街のスポットでよく紹介されたのは「五番坑」となります。映画は台北市内から九份へ転勤した若い警察が鉱山坑口の事故で夫を亡くし乱心した女性と出会い、同情でその女性を妻にした話。題名の「八番口的新娘」は 八番坑口の花嫁 との意味で、全編八番坑口で撮影されました。八番坑口今は既に閉鎖されましたが、九份福德宮から俯瞰できます。九份老街豎崎路石階段の一番下にいた九份派出所(九份交番)隣の「瑞芳風采館」は映画の中の交番のロケ地となります。既に知っている方も多いかもしれませんが、日本映画「着信アリ2」もここで撮影されました。 圖片來源:IG @roam_taiwan ■映画ゆかりのスポット:八番坑口(九份福德宮)、瑞芳風采館 ■ゆかりスポットの行き方: 九份老街豎崎路石階段の一番下、瑞芳風采館は交番の隣、八番坑口(九份福德宮)は道の向かい側 いかがでしょうか~九份を舞台に、またはゆかりの地とした映画を一度観てみませんか?今回紹介した台湾映画、「無言的山丘」は1920年代の鉱山労働者の話、「多桑」は戦後鉱山労働者の自我認知、「八番口的新娘」は政府転移後の社会問題。一連で観てみると、九份の歴史と深さをより体感できるではないでしょうか?   ▼▼おすすめ記事▼▼ 九份昇平戯院 |
MORE
               
国際最も権威の持続可能な観光認証マークのための国際認証(緑の都市賞/認証)のための緑の観光地。認証ユニットは、毎年開催され、風景区のユニークなリソースの選択に「Baida緑の観光地の競争」は、世界中の他の緑の観光地と共有することを学ぶ、今年の日月潭国家風景区の栄光は、「2019トップ100グローバルグリーンツーリズム先」にノミネート台湾の日月潭と再び国際フォーラムでジャンプ。     「低炭素日月潭3D表面と空の旅」をテーマとして、シェア日月潭ロードバイク、電気自動車、ロープウェイやアミューズメントで、10月11日の水力発電所、および日本のパイプに代わって-日月潭は台湾の主要なグリーンエネルギーであります低炭素観光の水力発電グリーンエネルギー環境の貢献を強調しながら、その過程での環境への観光の影響を低減するために炭素排出量と気候変動戦略、日月潭地域の課題に対応するためのネットワークアーキテクチャの経験電気ボート。、文化的景観と芸術創造の使用を低炭素観光環境を構築するが、日本のパイプで近年ではと先住民のエリアで合意に達することに加え、持続可能な観光開発の取り組みに向けて、文化の理解と尊重に日月潭に地域を訪問者を増やします。     別のトラベロッジは、(グローバル持続可能な観光協議会/持続可能な観光の持続可能な観光のガイドラインを作成するために、世界の持続可能な観光委員会を使用して、国際的なグリーンツーリズムのサプライチェーンのホテルやゲストハウスのオーナーの統合を行うことが奨励されて持続可能な開発、地域の毎日のチューブを促進するため 、基準) エリア別のクラウドベッド&ブレックトゥシェウォーキング、2事業者は、すなわち、現在の年(2019年)CU-GSTCホテルの認定に詩の足父島ホテル&スパホテル日月クラウド製品、平均ホテルを網羅し、旅館の概念を作りました観光にも持続可能なビジネスの方向に向かって移動されました。この結果とビジネスの業界規模のパフォーマンスは、持続可能な実践のペースを制限するものではありませんが、持続可能な長期的なコミットメントに向けた事業者は、パーティーのための持続的な発展の鍵に固執します。     日本管理事務所は、日月潭国家風景として、新興の統合された製品画像「グリーンツーリズム先」、地域と緑のハイライト地域企業のマーケティングの緑のマーケティングやプロモーション、グリーンビジネスの持続的な発展を駆動するエンジンとして世界の観光市場を継続していきます慎重にすべての年齢のグローバルな観光客、地域、自然の風景、文化遺産、観光産業の優雅さと価値の面積を飾る、そして国連持続可能な開発の目的と一致しています。 情報提供:交通部觀光局日月潭國家風景區管理處
MORE
               
前回に引き続き日月潭の紹介をします。日月潭の観光船に乗り「伊達邵碼頭」に着いた我々はロープウェイに乗るために「日月潭駅」まで行きました。 「伊達邵碼頭」から歩いて10分ちょっとでロープウェイ駅に着いた。 ロープウェイ駅ではこの日イベントをしていてすごい人だかり。 まずはチケットを購入 大人1枚300元。子供250元。かなり高額な料金。 チケットはカードのようになっている。 駅の3階が乗り場になっている。週末なので人が多い。 ロープウェイに乗車。ちょっと上がっただけで湖が一望できる。 かなり上がってきました。 日月潭が良く見えます。 ロープウェイは左側(北方面)に曲がりながら移動します。 山の奥に入ると雨が降ってきました。 駅に近づいてきました。左側には何やら塔が見えます。 着いた駅は「九族文化村」でした。今回は時間が無かったので「九族文化村」には行かずにそのまま折り返して帰りました。 初めて台湾でロープウェイに乗りました。僕らは天使(障碍者)を連れていたのでどうやって車椅子を中に運ぼうか考えていたのですが、従業員さんが手伝ってくれました。ロープウェイ内は思ったよりも広く乗り心地が良かったです。ただ料金が大人1枚300元は高すぎると思いました。台湾は車や船は比較的料金が安いのですが、ちょっと新しい乗り物に関しては値段を高めに設定しています。それでも高い所から見下ろして見る日月潭は綺麗で一見の価値ありです。興味がある方は乗ってみてはいかかでしょうか。 日月潭纜車站日月村中正路102號04-92850666營業時間:10:30-16:00
MORE
               
年に一度恒例となっている日月潭遠泳大会は、9月1日に開催されます。参加申込は、6月25日午前8時より受付を開始します。日月潭地区の渋滞を回避し、旅行の質を保持するために、本イベントは、1チーム5人でのお申込みが必要となります。予め了承ください。 イベントホームペジ:http://www.pulifourswim.tw/
MORE

周辺のスポット

国際的に有名な観光スポットがすぐ目と鼻の先にあるのに、どうして見逃すことができるでしょうか?